オルニチンの疲労回復効果とは?

私たちの体の中でも肝臓は「沈黙の臓器」と呼ばれていています。 それは痛みを感じる神経がないことと、肝臓の疾患を患っていても自覚症状がなく、かなり末期にならないとその症状が現れない臓器だからです。

肝臓の中の肝細胞は、血液で運ばれてきた栄養素を化学反応によって加工する「化学工場」のような役割を担っています。 この肝臓の働きを活発にして、正常にするのがしじみに含まれる「オルニチン」です。 今回は、このオルニチンの疲労回復効果をご紹介します。

肝臓の働きとは?

肝臓は私たちの体の上腹部右側に位置し、肋骨に囲まれている臓器です。 人体の中ではもっとも大きな臓器で、大人の場合で1200~1500g程あります。 肝臓の働きは大きく分けて3つあります。

物質の代謝

私たちが食べた食べ物から取り込んだ栄養素は、消化器官で消化・吸収されて肝臓に運ばれます。 肝臓で代謝された食べ物は、血液を使って全身に送られたり、肝臓に蓄えられたりします。

白米やパンなどの炭水化物を摂取すると、体内でブドウ糖になりますが、このうちの一部はグリコーゲンという形で肝臓に蓄えられます。 そして必要になったときには、ブドウ糖として肝臓から血液中に放出されるのです。

その他タンパク質や脂質などもエネルギー合成されて、肝臓に蓄えられます。

解毒

肝臓と聞くと、アルコールと深い関わりがあるように感じますが、それはアルコールを肝臓で分解して排出しているからです。

アルコールが分解されるとまずアセトアルデヒドという有害物質に分解され、その後に酢酸という人体には無害な物質に分解され排出されます。 その他にも体にとって有害なものが入り込んできた場合やたんぱく質の代謝で発生するアンモニアなどを、解毒して排出する働きがあります。

胆汁の生成

胆汁とは脂肪の消化・吸収を助ける成分で、肝臓から分泌されて胆嚢にためられ、十二指腸に送られます。 そして十二指腸で膵液と共に、脂肪の分解を助ける働きがあります。

オルニチンの疲労回復効果

オルニチンは私たちの体内に存在する成分で、しじみなどの食品にも含まれています。 アミノ酸の一種ですが、その中でも「遊離アミノ酸」と呼ばれ、血液に溶け込んで体内を巡り、肝臓では疲労物質である「アンモニア」を解毒して、無害にする働きがあります。

アンモニアの解毒作用

アンモニアは疲労物質ですが、微量であれば問題のないアンモニアもたくさん溜まってしまうことで、疲労しやすくなったり脳障害を起こしたりする恐れがあります。

この疲労物質であるアンモニアを解毒一連の肝臓の働きが「オルニチンサイクル(尿路回路)」と呼ばれるものです。 オルニチンはこの代謝経路を構成するアミノ酸なのです。 肝臓で尿素へと無毒化されたアンモニアは、速やかに体外に排出されていきます。

肝機能低下による疲労回復

肝機能の低下により生じる疲労には、オルニチンが効果を発揮します。 オルニチンによる疲労回復効果を証明する実験に下記のものがあります。

45~64才までの健康な被験者14名にオルニチン800mgとプラセボ(偽薬/オルニチンの入っていない試験食品)を3週間摂取してもらってアンケートを取りました。 その結果、疲れや体調がどのくらい変化しているかを調べました。

14人を7人ずつ2つのグループに分けて行い、自分がオルニチンかプラセボかどちらを飲んでいるかはわかっていません。

この実験からわかったことはオルニチンを摂取していたグループの方が、疲労感やだるさ、眠気、イライラ、頭痛などの体調不良が改善されていたことがわかりました。

運動疲労による抑制効果

運動中に、筋肉疲労やエネルギー消費が激しいことで、アンモニアという疲労物質が発生します。 このアンモニア上昇を抑える効果と、運動中の疲労を抑える効果について、オルニチンを使った実験結果があります。

20~53才までの健康な男女17名に、オルニチンとプラセボを7日間摂取してもらい、8日目に運動負荷試験を行い、運動パフォーマンスの低下量と運動後の血中アンモニア濃度の数値を調べました。

オルニチンとプラセボを摂取してもらったグループを2つに分けて行いましたが、その結果、オルニチンを摂取したグループの方が、運動パフォーマンスの低下や血中アンモニア濃度の上昇も防ぐことができました。 そのため、運動疲労にも効果が期待できることがわかりました。

まとめ

沈黙の臓器と呼ばれる肝臓は、物質の代謝や解毒、胆汁の生成に関わっている臓器です。 オルニチンには、肝臓の正常な働きを促す効果があり、オルニチンサイクル(尿路回路)によって、疲労物質であるアンモニアを解毒してくれる効果が期待できます。

オルニチンの主な疲労回復効果は、肝機能低下によるものや運動による疲労からくるものの2つに、特に効果を発揮することが実験の結果わかっています。 そのため、積極的にオルニチンを摂取することで、肝臓の機能を向上させ、疲労回復や二日酔いの解消に効果が期待できます。